いけばな 紅華



早春の花を使って

b0187641_21285758.jpg

【ラナンキュラス、アネモネ、ガーベラ、チューリップ、菜の花、日本水仙
 キルタンサス、キンセンカ、へデラベリー、ピットスポルム、アイビー】


先日はまだ蕾だったレンギョウが、
黄色い花を次々と咲かせてきました。

b0187641_2133647.jpg


この時期のお花に多くみられる共通点ですが
早春、いち早く咲きだす花は黄色が多いですね。

菜の花、水仙、ミモザ、ミツマタ、キブシ・・・
名前を挙げると、どんどん出てきます。

「早春の花に黄色が多いのは、黄色が一番虫を引き寄せやすいから。」
そんなお話を、今日聞きました。

確かに、虫は赤を見ることが出来ないしね。

虹色の順番から考えても(赤・橙・黄・緑・青・藍・紫)
赤と橙には、赤い色素が入っている=虫には見えない
だから黄色なのかな。って、ひとり納得。

水仙やキルタンサスの柔らかい茎を、オアシスに指すのに苦労しながらも
まあまあ素敵なアレンジになったかな・・・?

空間で遊ぶいけばなと、空間を埋めていくフラワーアレンジ。

花を使うのは一緒ですが、考え方はだいぶ違うな~。

希望やHAPPYを表す黄色。
今度黄色のアレンジを、おばあちゃんにプレゼントしよう♪


いけばなの輪が広がりますように♪
にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ
にほんブログ村
[PR]
by ikebana-coca | 2010-01-12 21:37 | いけばな
<< コケ玉 雪柳の表現 >>


草月師範、紅華の     いけばな日記。
カテゴリ
全体
いけばな
日常
はじめまして
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧